歯科医院居抜きも賃貸オフィス初期費用節約の技:開業初期投資ダウン

パソコン

小規模の事業を開く

通常の貸事務所には向かない小規模事業者向け物件

PC

近年では小さな資本でも会社を設立できるような法的環境が整ったこともあり、いわゆる起業・創業を目指す人が増えてきています。中には自分1人だけでニュービジネスを立ち上げるという人も少なくありません。 そんな起業家・創業家にとって悩みの種となるのが、オフィススペースの確保です。ごく一般的な貸事務所物件ではスモールカンパニーには広過ぎ、家賃も割高です。立ち上げて間もない事業を軌道に乗せるには、できるだけ冗費を省くよう気を付ける必要があります。ただ、そうかといって自宅をオフィス代わりにした場合、来客の多い業種の場合は生活に支障が出てしまいます。 こうした状況を受けて最近普及が進んできているのが、レンタルオフィスです。

費用を節約しつつ十分な機能を確保

レンタルオフィスは、特に小規模事業者に適したタイプの貸事務所物件です。定員は1名から多くても十名程度という小さなものが中心で、当然ながらその分一般のオフィス物件より保証金や月額家賃が割安です。 また、多くのレンタルオフィスは机・椅子・書類棚等の事務機器があらかじめ備え付けられており、入居者があらためて購入する必要がありません。電話やインターネットも回線工事済というのが一般的です。 標準的なレンタルオフィスでは、都心のビルのワンフロアに数室から十数室の占有スペースを持ち、その他に共用スペースを備えています。共用スペースにはコピー機や給湯器、応接スペースなどが設置されており、フロア全体で利用できます。イニシャルコストを節約しつつも基本的なオフィス機能を手に入れたい人にぴったりの物件です。